女体を操る魔法のスマホ~エロエロアプリでヤリ放題!!~3話 ネタバレ・感想

人気エロ漫画家・n(エヌ)先生のヒット作

女体を操る魔法のスマホ~エロエロアプリでヤリ放題!!~

第3話 【黒髪JK痴漢プレイ】自分から腰を下ろしてチ○ポ挿入

のネタバレと感想を紹介します。

前回のおさらい

さわりたい、この清楚系巨乳女子高生に!

なんと、制服のブラウスがはだけノーブラおっぱい丸出し。

巨乳で張りのある乳と感度満点の乳首をオレに押し付けてきた。

さわって揉みしだく!

おお!最高!

おまけにオマンコ、クァパ~と開き、オレの目の前で女子高生がオナニーしちゃうなんて!

▼先に読んでみる▼

「女体を操る」と検索

▼女体を操る魔法のスマホ▼

「女体を操る」と検索

女体を操る魔法のスマホ~エロエロアプリでヤリ放題!!~3話 ガマンできない!電車の中で女子高生とズッコンバッコン

もう・・勃起しすぎてガマンできない!

たってるんだよ~!

 

清楚系巨乳女子高生は自らオレのズボンのファスナーをおろした。

このアプリのいいところは、操作する方は決して自分から手を出すことなく女性の方から仕掛けてくるところだ。

 

周りから見たら、オレが誘っている、襲っているようには見えない。

女性が率先して、触られに行ってるように見えるのだ。

 

清楚系女子高生は自分の気持ちとは関係なく、オレのファスナーをさげた。

「ちがう・ちがう・・」

「私、こんなこと・・」

「そんなに俺とセックスしたいんだ~」

「そんなわけないでしょ!だめ~いや~」

 

処女の女子校生は、まだ入れてもいないのにアソコがヒクヒクしてしたくてたまらないカラダになっている。

 

うそっ・・いやっ・・腰が・・

女子校生は自分から腰を下ろし自分からオレのチンポを押し込んだ。

「だめ~いれちゃだめ~初めてなのに」

ピクッ

ピクッ

生まれて初めてのセックス。

 

しかも処女の女子校生に生チンポを挿入

いままで溜まりに溜まった精液を清楚系巨乳少女の中にぶち込んだのだ。

 

気持ちイイ・・

気持ちよすぎる・・

まんこの肉がおれのチンポに絡みつきはなさない。

ねっとりと、吸い付くようにオレの精液は吸い取られていく。

女子校生はイキすぎて、顔は真っ赤。

 

スマホの性感メーターは絶頂カウントがバグして最大級に回転している。

スマホ片手にセックスしているもんだからさすがの女子校生もオレの様子に気づいたようだ。

 

「スマホで何かわたしのことやってる!」

私の意志とは関係なく身体を動かされてる。

一旦チンポを抜こうとするも中のザラザラ感が余計に感度を増し、女子高生はなかなか抜くことができない。

▼女体を操る魔法のスマホ▼

「女体を操る」と検索♫

女体を操る魔法のスマホ~エロエロアプリでヤリ放題!!~3話 ガマンできない!電車の中で女子高生とズッコンバッコン 感想

抜きました。

抜きどころ、ありますよ~

 

もう清楚系巨乳女子高生のイキ顔。

このシチュエーションがそそられる。

だって、JKからオッパイ押し付けられたらさわりたくなっちゃうでしょう。

 

まあ、アプリのせいだけど。

自分の意志とは関係なく、自分からおっぱいを出し、おまんこを広げてみせて、男のファスナーを下ろし、チンポを挿入する。

 

男からしたら、なんとラクな。

なんと、理想の展開。

ふだん、女子高生を拝むことなど皆無のしがないサラリーマンが、このスマホアプリひとつで、思いどおりにおさわり、射れ放題。

 

女子校生の気持ちよさげな顔と、絶頂の顔がこの漫画の醍醐味です。

 

絶頂の時は、まるで自分がイカせたかのような達成感が感じられます。

自分ではやりたくないのに、恥ずかしいのに、おっぱい丸出しやオマンコ開脚、無理やりさせてるわけじゃないのにやってくれるこの優越感。

 

ながめは最高です。

イキたくないのにイカされる。

でも、この女子高生。

成績優秀な学校でいつも単語帳を開いて電車の中で勉強している清純なJK。

 

このしがないサラリーマン。

女子校生が家ではエロいことしてること見破ったわよ。

 

だって、スマホの操作してないときにもうすでに絶頂まで達していたもんね。

ちょっとチンポを入れただけで気持ちよすぎてヌルッヌルッになってるし。

 

アソコをいじられてるときも、心の中で、

「自分でするのと全然ちがう!気持ちイイ」

 

って思ってるところが家でオナニーしてることバレバレよ。

澄ました顔して処女だけど、ちゃんと気持ちイイことしてるのよ。

すぐイクとこなんかしがないサラリーマンもびっくりしてたわ。

▼女体を操る魔法のスマホ▼

「女体を操る」と検索

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です